FC2ブログ

誰でも受かる医学部入試の極意

”誰でも受かる私立医学部入試の極意”の筆者がつぶやく国公立・私立大医学部入試関係の情報発信ブログです。

Top Page › 医学英語 › 医学英語(20) 小児期の発疹性疾患 exanthematous disease in children
2013-01-05 (Sat) 09:00

医学英語(20) 小児期の発疹性疾患 exanthematous disease in children

小児期の発疹性疾患 exanthematous disease in children

時々、出題テーマになっています。
簡単に述べておきます。

代表的な小児期の発疹性疾患

1)measles はしか  = Rubeola 麻疹
2)German measles 3日はしか = Rubella 風疹
3)chicken pox 水疱瘡
4)small pox 天然痘
5)Mumps ムンプス おたふく風邪
6)exanthem subitum; Roseola infantum 突発性発疹

今回は、麻疹、はしか について、詳しく触れます。
少し、医学的で医学部4年で習う内容ですね。
入学したつもりで簡単に読んどいてください。

麻疹、はしか(measles, rubeola)

ウイルス感染症の一種。伝染力virulenceが非常に強く、
世界保健機関WHOの推計によれば、アフリカで多く発生している。

潜伏期間 latent periods
麻疹ウイルスへの曝露 exposure から、発症まで7~14日間程度かかる。

カタル期:
カタル期は3~4日間続き、他者への感染力はカタル期に最も強い。
38℃前後の風邪症候群様
(発熱、倦怠感physical weariness; sense of fatigue、上気道炎症状)
の症状や結膜炎 conjunctivitis 症状が2~4日続き、いったん解熱する。
カタル期の後半、発疹出現の1~2日前に、口腔粘膜oral mucosaの奥歯付近に、
直径1mm程度の少し膨らんだ白色小斑点(コプリック斑)を生じる。

発疹期:
カタル期の後にいったん解熱decline of feverするが、
半日ほどで再び39~40℃の高熱が出現し(二峰性発熱 biphasic fever)、
発疹 skin rash, eruption が出現する。発疹は体幹trunkや顔面から目立ち始め、
後に四肢extremity; quarters; limb の末梢にまで及ぶ。
発疹は鮮紅色で、やや隆起している。特に体幹では癒合して体全体を覆うようになるが、一部には健常皮膚を残す。

発熱・発疹のほか、咳 cough・鼻汁 mucusもいっそう強くなり、
下痢 diarrheaを伴うことも多い。口腔粘膜が荒れて痛みを伴う。

これらの症状と高熱に伴う全身倦怠感のため、経口摂取は不良となり、
特に乳幼児 infant では脱水 dehydration になりやすい。
発疹期は発疹出現後72時間程度持続する。これ以上長い発熱が続く場合には、
細菌による二次感染 secondary infection の疑いがある。

回復期:
解熱後も咳は強く残るが徐々に改善してくる。発疹は退色後、色素沈着 pigmentationを残すものの、
5~6日程で皮がむけるように取れるpeel off とも報告されている。

合併症 complications;

亜急性硬化性全脳炎(subacute sclerosing panencephalitis、略称:SSPE)
この病気は麻疹に感染後7~10年してから知能障害や運動障害が発症し、
ゆっくりと進行する予後不良の脳炎 encephalitis である。
ウイルス性脳炎 1000人に1人くらいの割合で発症。熱発の程度と脳炎の発症率に相関はない。
発症すると1/6が死亡、1/3に神経系の障害が残るとされる。

ほか;中耳炎  otitis media; inflammation of the middle ear 、
ウイルス性肺炎 pneumonia (間質性肺炎 interstitial pneumonitis)

治療:
特異的治療法はなく、解熱剤fever medicine; antipyretic 、鎮咳去痰薬、
輸液fluid infusion; infusion; transfusion や酸素投与などの支持療法を行う。
細菌性二次感染は少なからず見られるものの、
抗菌薬 antibacterial agent の予防投薬は二次感染を予防するという根拠がなく、
必ずしも推奨されない。

よく出る関連単語
東邦大で頻出ですので、この大学を受験する方は覚えて下さい。

runny nose 鼻水 = mucus
sneezing  くしゃみ
itching 掻痒感、かゆみ
contagious 感染力のある = transmittable
virulent 病原性のある、毒性のある
susceptible 感染しやすい
susceptibility(感染しやすさ)=vulnerability(傷つきやすさ)
contaminated 汚染された
involved 罹患した、関わった
causative 原因となる
nosocomial  院内の、医原性の
subsequent 続発性の
persistent しつこい、頑固な
debilitating ~を衰弱させる
subside (症状などが)治まる、鎮静化する
intractable  手に負えない
prevent ~を予防する(≒control /contain 制御する)
sterilize ~を消毒する、殺菌する (不妊にする)
irritation 刺激症状
latent period / incubation periods 潜伏期
recurrence / reemergence / relapse 再発
gland 腺

関連医学用語

exanthema 発疹 = skin rash

-itis  ~炎という意味の接尾語
Ex) hepatitis 肝炎
   pancreatitis 膵炎
   arthritis 関節炎

スポンサードリンク
試験場での必須アイテム
関連記事

最終更新日 : -0001-11-30

Comment







管理者にだけ表示を許可